現在の閲覧者数:

Entries

久々の富士門流談義

形木本尊
画像は私蔵の所謂「称徳本尊」と呼ばれるものの御形木御本尊である。

表装表具を含めると1畳を超える大きさで、ある富士門流寺院の御風入会にて、所謂「萬年救護大本尊」の御形木と同寺所蔵の称徳本尊を並べて写真を撮らせてもらったことがあるが、ほぼ同じ大きさである。

但し、私蔵のそれは、これまで富士門流寺院で拝観したものと異なり、下部に京都要法寺二十九世日慈の因縁書が形木で刷り付け加えられている。

それによれば、称徳本尊は師資相伝の本尊であり、広宣流布祈願の為に宝暦十三年十一月に模写彫刻(版木の作成と思われる)されたとある。

そして時は下り、本門宗瀬島日済により開眼され、出雲妙蓮寺の檀信徒に授与されている事が、左右の脇書からわかる。

出雲妙蓮寺は戦後日蓮宗に残存し、日蓮宗新聞からは、僧侶の法衣は完全に日蓮宗化していると見える。

戦後、約五十箇寺が本山と共に日蓮宗を離脱したが、三十箇寺以上は日蓮宗に残存した。
「島根尊門会」と称する旧要法寺末だが、現実は厳しく月日が経つにつれ旧日蓮宗と変わらない存在へとなり、今では加行満行者の祈祷や、九識霊断法を用いる寺院住職もいる。

興統法縁と云えども現状は多くが厳しい。



コメント

[C2622]

四明さん、

御高覧並びにコメントをありがとうございます。

興統法縁ならば薄墨の衣と五条袈裟、四本房の数珠は最低限の化儀で、加行満業者の加持祈祷や九識霊団法を用いるのはいかがなものかと。
やはり質素ですが、樒払いがいいのかと感じた次第です。

三派合同は名目上、旧日蓮宗を解体し新日蓮宗を結成しなおしたことになっていますが、実際には薄墨へのハラスメントが横行しているようですね。
  • 2017-07-04 10:45
  • 管理者
  • URL
  • 編集

[C2621]

色衣に二枚羽鶴丸が縫いつけられていれば、と。仏具は、樒、鶴丸があり、観心面は一致宗学があり、中山荒行で、矛と盾かも知れません。広蔵日辰は、青年時代に、八品派の開祖慶林坊日隆の本尊と教義に激しく抵抗しました。
  • 2017-07-03 21:13
  • 四明
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

冨士教学研究会 管理者

Author:冨士教学研究会 管理者
「冨士教学研究会 管理者のblog」へようこそ!
宗教(特に富士門流関連)、政治、経済、社会の課題について、自分なりに感想を述べていく場とします。必要に応じ立証形式になる場合もあるかと思いますが、基本は「感想」を述べる場です。ご理解のほどお願い申し上げます。
但し、感想といえども他者や団体等に対するヘイトととらえられる場合、人権・名誉等を著しく侵害し、法令に反すると思われた方は右下の「管理者への連絡」からお知らせください。記事の削除等、必要な処置をとらせていただきます。

最近のトラックバック

ブログ内検索