現在の閲覧者数:

Entries

キリストの墓と皇室

ネットサーフィンをしていると、色々なページに出会う。
その一つに、実父の実家があった青森県に、「キリストの墓」があるというページを目にした。

https://matome.naver.jp/odai/2137670774676495901

父親に聞くと、真偽は別として確かにあるとの事であった。
観光名所にもなっているようだが、バスの路線は日蓮とも縁のある旧南部領のようである。

「イエスの墓」ではなく「キリストの墓」と標識にまでなっているのには驚かされる。

またキリスト教と日本の皇室の関係性を模索しているページも多く、日本神道の起源がキリスト教ではないかとする考えもあるようである。

新旧聖書の「ヨハネの黙示録第7章」には、「また、もうひとりの御使が、生ける神の印を持って、日の出る方から上って来るのを見た。」とあるが、「日の出る方」が日本であると考える牧師も日本にはいるようだ。

http://web1.kcn.jp/tombo/v2/REVELATION07.html

そして聖地エルサレムには、十六菊花の紋章に似たものが遺跡に刻まれているという。

https://matome.naver.jp/odai/2144460749803046401

十六菊花の紋章に似たものは、かつて犀角独歩氏が法華経の多宝塔がピラミッドの模倣ではないかと指摘したが、そのピラミッドのあるエジプトのツタンカーメンの墓からも発見されている。

https://matome.naver.jp/odai/2134667634544878801

佳子さまと眞子さまのご姉妹は、キリスト教系の高等教育機関で学ばれている。

皇室や神道、大乗経典の類は、キリスト教と何らかの関係があるのだろうか。
謎である。





コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

冨士教学研究会 管理者

Author:冨士教学研究会 管理者
「冨士教学研究会 管理者のblog」へようこそ!
宗教(特に富士門流関連)、政治、経済、社会の課題について、自分なりに感想を述べていく場とします。必要に応じ立証形式になる場合もあるかと思いますが、基本は「感想」を述べる場です。ご理解のほどお願い申し上げます。
但し、感想といえども他者や団体等に対するヘイトととらえられる場合、人権・名誉等を著しく侵害し、法令に反すると思われた方は右下の「管理者への連絡」からお知らせください。記事の削除等、必要な処置をとらせていただきます。

最近のトラックバック

ブログ内検索