現在の閲覧者数:

Entries

日蓮正宗vs創価学会 犠牲になった正信会

この争いは今に始まった事ではないが、平成2年以降の宗創紛争はお互いのトップ通しの直接のイザコザという点で、大きく異なったのではないか。池田は正信会を切る代償として、200箇寺の寄進を約束し、日顕は池田を信じ正信会を破門にした。そして池田より200箇寺の寄進があった暁には、自分の弟子を住職として赴任させ宗内の勢力を一代坊主日達の弟子たちから、代々坊主の法主・管長である、日顕の勢力拡大につなげたい意図...

再び創価学会員らしき人物来訪

本日、紺のスーツ姿の男性2名がノンアポで来訪してきた。今回は「学会の○○です」とも言わなかったので無視したが、監視カメラに映像が残っている。一人は眼鏡をかけたひ弱そうなお子ちゃまで、もう一人は頭の毛の薄くなったオッサンであった。ファイルで住所を確認しながら、公道の坂を下りてきて私道を勝手に入ってきて、私の自宅のみインターホンを鳴らして帰って行った。帰り道も、他のお宅には寄らずに帰って行った。全て設置...

創価学会員来訪

何故か!?創価学会員が来た。現在地に転居したことを知っている創価学会員は、信頼する研究者と保険外交員だけである。あるいは、インターネット回線会社、携帯電話会社、電気・ガス・水道、リフォーム会社、マンション販売の仲介業者等の中に、私を知る学会員でもいるのだろうか。いずれにしても、仕事上で知りえた個人情報を創価学会組織に伝達したなら、コンプライアンスに反する行為だろう。私も家族も既に退会済みである。今...

Appendix

プロフィール

冨士教学研究会 管理者

Author:冨士教学研究会 管理者
「冨士教学研究会 管理者のblog」へようこそ!
宗教(特に富士門流関連)、政治、経済、社会の課題について、自分なりに感想を述べていく場とします。必要に応じ立証形式になる場合もあるかと思いますが、基本は「感想」を述べる場です。ご理解のほどお願い申し上げます。
但し、感想といえども他者や団体等に対するヘイトととらえられる場合、人権・名誉等を著しく侵害し、法令に反すると思われた方は右下の「管理者への連絡」からお知らせください。記事の削除等、必要な処置をとらせていただきます。

最近のトラックバック

ブログ内検索