現在の閲覧者数:

Entries

流罪死罪

再掲するが「寺泊御書」には、仏陀記して云く「後の五百歳に法華経の行者有りて諸の無智の者の為に必ず悪口罵詈・刀杖瓦石・流罪死罪せられん」等云云。日蓮無くば釈迦・多宝・十方の諸仏の未来記は当に大妄語なるべきなり。とある。日蓮が龍口法難をもっていっているのか、佐渡流罪をもっていっているのか判然としないが、日蓮は「死罪」にはなっていない。身延で9年間も隠棲している。つまり日蓮の言はブーメランとなって帰って来、...

日蓮と創価学会の布教

日蓮は「寺泊御書」に『大日経等は法華経已前ならば華厳経等の如く、已後ならば涅槃経等の如し。』と、一期の弘通の中で、あるいは真言を批判したり、肯定したりもした。寺泊御書の一説は、大日経を一定評価したものと解せられる。事実、日蓮は「立正安国論」をもって、権力者による武力を用いた広宣流布を訴え、涅槃経の折伏を実践し、それが受け入れられないと、弟子をもって内部告発を実践し、厳しい指摘をもって相手を論破する...

何故、不動・愛染は大漫荼羅に梵字で記されたか

相伝には「受法」と「学法」がある。最澄が弘仁三年十一月に金剛界、同年十二月に胎蔵界の受法を空海から受けていることは、国宝・空海筆「灌頂歴名」からも知られる事実である。この受法は「結縁灌頂」であって、金剛界、胎蔵界の曼荼羅の上に散華を投げ、落ちた場所にある佛菩薩、明王等がその人の終生の護り本尊となる。最澄は学法の相伝を直接受けることなく、密教の相伝は中途半端なものになってしまった。空海からは厳しい処...

日郷門流「眉間白毫」の御影像について

日郷門流における眉間白毫の日蓮御影像は、その本山である安房妙本寺に安置される所謂「大石寺正御影」が筆頭にあげられる。もちろん眉間の白毫は、後世「日蓮本佛論」の台頭と共に添加されたものであろう。日郷門流では日向の日要と日我の連係プレイで、日蓮本佛論は完成したと思われる。以上の事を念頭に、日蓮宗興統法縁会日向妙国寺の黒木報源師の講話「宮崎県の富士門流について」を再考してみる。黒木師の講話は、主に創価学...

再びネットサーフィン

「憚りながら」の著者は、元後藤組組長である。現役時代、創価学会が公明党某都議を経由して、ある人物の暗殺を依頼してきたことを暴露したものである。その後、後藤組長は天台宗で出家・得度し、浄発願寺に在勤した。その浄発願寺の本堂には阿弥陀三尊と中央に「南無妙法蓮華経」と書かれた板漫荼羅(形状から上棟板本尊と思われる)が合祀されている。http://jouhotsuganji.org/Principalimage.html隣に見える黒・漆塗?に金箔文...

Appendix

プロフィール

冨士教学研究会 管理者

Author:冨士教学研究会 管理者
「冨士教学研究会 管理者のblog」へようこそ!
宗教(特に富士門流関連)、政治、経済、社会の課題について、自分なりに感想を述べていく場とします。必要に応じ立証形式になる場合もあるかと思いますが、基本は「感想」を述べる場です。ご理解のほどお願い申し上げます。
但し、感想といえども他者や団体等に対するヘイトととらえられる場合、人権・名誉等を著しく侵害し、法令に反すると思われた方は右下の「管理者への連絡」からお知らせください。記事の削除等、必要な処置をとらせていただきます。

最近のトラックバック

ブログ内検索